身近な鍵トラブルは放置すると破損に繋がる危険性大

鍵が回らないのは壊れる前の兆候~調整して鍵トラブル解消~

鍵がうまく回らない!一体何故?

男性

鍵がさせず回らない、このような鍵トラブルは多々起こります。些細なことですが、放置しておくと自体が悪化しかねません。トラブルの原因が何か、主な原因を調べてみました。

鍵穴にさしても回らない鍵トラブルはこんなことが原因です

異物が混入している
よくある鍵トラブルが、異物の混入です。強風にあおられて木片や小石など、鍵穴に詰まってしまい鍵がささらなくなるのです。小さな異物でもシリンダーの奥に詰まると、鍵の挿入に支障をきたしてしまいます。鍵穴の中がこのようになっているとは知らず、無理やり回そうとすると破損を招くことになります。スムーズに鍵が回らなくなった、そう思った時は異物の混入を疑って確認を行ないましょう。
鍵が劣化している
毎日のようにドアの開閉があれば、必然的に鍵や鍵穴も劣化していきます。また、多くの鍵は金属製のため、摩耗やサビも発生します。劣化してくると原型から徐々に崩れ、鍵穴にささらず回らないといった事態になってしまいます。長年同じ鍵や鍵穴(シリンダー)を使っている方は、経年劣化を調べてみることをオススメします。
合鍵に不備がある
合鍵という落とし穴は、意外にも多くの方が陥っている鍵トラブルです。合鍵は純正の鍵とは違い、元の形より若干歪んでいる場合があります。また、合鍵に使用されている素材は、純正よりも劣ってしまうため長期的な使用はあまりオススメできません。思わぬ鍵トラブルに見舞われてしまう前に、鍵交換を行なう方が得策だと言えます。

鍵の調整は業者にお任せしよう

作業員

どうしても鍵が回らず、ドアを開けることができない。このような鍵トラブルが発生した時は、無理に開けようとせず専門業者に相談して対応してもらいましょう。餅は餅屋、鍵は鍵屋に相談です!

鍵トラブルは業者に直してもらおう~素人がやる危険性~

自宅の鍵の調子がおかしいのですが、自分で直すことができますか?
状況に応じて直すことも不可能ではありません。しかし、鍵が回らない時に絶対やってはいけない3つのNG行為をご存じでしょうか?誤って実行してしまうと、さらなる鍵トラブルをひき起こしてしまうことになります。①無理にカギを動かす行為
②食用油を鍵穴に注ぐ行為
③細い棒を鍵穴にさす行為
これらは、ただでさえ回しづらい状態を悪化させてしまう行為になります。安易な自己判断で行なうと、修理が不可能になりシリンダーごと交換するはめになるので注意しましょう!
鍵が回りにくくて困っています。直してもらえますか?
もちろん対応可能です!鍵トラブルが発生した際は、自分で直そうとせず専門業者に依頼して下さい。一時的に状況が回復したと思っても、根本的な不具合を改善する必要があります。鍵が回りにくい、させない、引っ掛かる、このような鍵でお困りの際は調整や修理のタイミングだと思い、一度調査の依頼を申し込んでみて下さい。

鍵トラブルは、表面上で確認できない劣化が進んでいることもあります。そのため、経験豊富なプロに依頼をして、調整や修理など対応してもらうことが賢明だと言えます。もしも鍵の不具合を感じたら相談だけでも行なってみましょう。

TOPボタン