プロに任せるべき調整作業と自分で行なえる掃除作業

鍵が回らないのは壊れる前の兆候~調整して鍵トラブル解消~

普段から行なっておきたい鍵のお手入れ

鍵

鍵トラブルが発生した際は、プロに依頼して解決してもらうのが一番です。しかし、作業費用はそう安いとは言えない価格なので、何度も依頼するようなことが無いように普段から掃除や調整を心がけましょう。

自分でできる鍵のお手入れ方法

歯ブラシで掃除する
鍵の溝に溜まった細かなホコリやゴミは、歯ブラシの毛先で掃除していきましょう。これまで一度も掃除したことがない鍵であれば、溝の奥深くまで繊維やホコリが付着してこびり付いています。軽いタッチで鍵全体、溝という具合に掃除していきましょう。複雑なディンプルキーは特に汚れが溜まりやすくなっているので、定期的に掃除を行なうことで長持ちします。
鉛筆を鍵に塗る
食用油は鍵そのものを劣化させる原因になりますが、鉛筆に含まれている黒鉛は元々鍵穴専用の潤滑油にも使用されていた成分です。鍵の差し込みがうまくいかない場合は、鍵のくぼみに塗り込んでみて下さい。滑りが良くなりスムーズに鍵を差し込むことができるはずです。使用する鉛筆はBやB2など色の濃いタイプがオススメです。
掃除機でゴミを取り除く
鍵がさせず、回らないといった状況の多くはゴミが詰まっていることが原因です。爪楊枝や針金は途中で折れてしまう可能性があるので使用を避け、掃除機で吸引するようにしましょう。掃除機であれば鍵穴やシリンダーを傷つけずに、小さなゴミやホコリを取り除くことができます。掃除機が無い場合は、パソコンのキーボードの掃除に活用するエアダスターでもOKです。

鍵のサビを防ぐには

ステンレスやアルミニウムといった素材が使用される錠前やドアノブは、頑丈で長持ちする反面定期的なケアを怠るとサビが発生してしまいます。ホコリやゴミの付着は、乾いた布で拭き取りサビつきを予防しましょう。それでも落ちない頑固な汚れは、中性洗剤を溶かした溶液を使い拭き掃除を行ない、水気を拭き取るケアをすると綺麗になります。雨や強風の後には軽く拭き掃除するだけでOKです。日々のメンテナンスが素材の寿命を左右するので、習慣化して掃除を行なうようにしていきましょう!

TOPボタン